2021年11月1日月曜日

Published 22:40 by with 0 comment

親バカヤック(その2)

 息子にカヤックを漕がせている記事を前に書きましたが、この1年でさらにパワーアップしました。

息子も成長してきていますが、今回書きたいのは、なーんと、まだ2歳の娘のカヤックデビュー。


まだ真っ直ぐ進めませんが、結構ちゃんと水をキャッチしてパドルを振り回しています。


息子と妻は昨年に引き続き「SweetPaddle」さんで講習をお願いしているのですが、去年と違うのは、Granstreamの倉庫に眠っていた古いGrabner Adventureをお借りして、講習を見守るようになったことです。

(余計な口出しをしないように我慢するのが大変。こういう時の市知ったかぶり発言は本当にうざいので、おじさん気をつけてます。一応。)


講習会の時も、家族で練習にきた時も飽きず(たまに飽きておもちゃのジョウロとかで遊んでたけど)に乗っていたのですが、ある日・・・

パドルを奪われました。
で、スカーリングっぽい事をするではありませんか!
そこで、試しに兄の艇に乗せてみると。。。
なんかそれっぽい動作をするではありませんか!

早速、彼女が乗れそうな艇を探すことに。
ですが、ちゃんとカヤックとして乗れる幼児用の艇はほとんどありません。
松井カヌー店さんが扱っている Soul Waterman Mini Meを見つけ、伝手を辿って連絡させていただき、即決購入、単品空輸で送っていただきました。
子供は、モチベーションが上がっている時を逃すと、もうやらないので、いくらでもというわけにはいきませんが諭吉を何人か積むのは惜しくありません。
で、艇が届いたらこの笑顔。

平日の夜なのに早速開梱して座敷で乗せてみたら、大層気に入ってくれました。
子供の乗り物としてはあり得ないくらい高価ですが、その価値あります。

まだ真っ直ぐ進めないし(力強いスイープは見せてくれますが)、水遊び砂遊びの方が好きなので長い時間乗っていられるわけではありませんが、まずはカヤックに行くと楽しい!と言う事を感じてもらえれば良いな、と思っています。

どうしても潜在的に危険なスポーツではあるので、練習、訓練といった事をしないと楽しめない遊びではありますが、なんでも本当に楽しいところまで経験するにはちゃんと根つめてやらないといけない、と言うことが体で理解しているようになってもらえれば、親としては本望かなと思っています。
できればおとーさんのカヤック遊びにも付き合って欲しいけど、それは二の次でも良いので。
あっでも二の次にしないで欲しいかも。。。


長男の今年の奮闘ぶりはまた今度書きます。


Read More
      edit

2021年10月8日金曜日

Published 22:54 by with 0 comment

東京オリンピック終了

どこまで整理して書こうか悩んでいる間に、オリンピックのカヌースラローム競技すべての種目が無事終わって2ヶ月が立ってしまいました。

すでに過去の出来事になりつつある反面、自分としてはまだ何も整理できていないまま毎日の生活に流されている感じです。

Facebookとかでタイムリーに投稿していますが、遅くなりましたが改めて。


選手、役員、ボランティア、組織委員会、関わったすべての皆様、お疲れ様でした。

そして、大会に関わった全ての皆様、私個人に関わっていただいた皆様、配信などをご覧になって競技を応援していただいた皆様、ありがとうございました。

思えば、2017年にフランス・ポーの世界選手権の視察メンバーに選んでいただいてから、4年が経ちました。

いろいろよくわからないまま、依頼をいただいた折につどつど関わってきたらいつのまにか本番にたどりついていた、というのが本音です。

私としては大したことは何もできませんでしたし、オリンピック自体もコロナウィルスの蔓延でいろいろと制限のある大会にはなりましたが、無事に役務を終えてほっとしています。

このオリンピックは、世界的な感染症の流行、1年の延期、無観客、バブル方式と、過去に例がないことづくめの大会でした。

無事にオリンピック(そしてパラリンピックも)終わりましたが、開催の妥当性や評価は、犯人探しのためではなく、今後のスポーツやスポーツイベントの糧にするためにも、厳しく行われるべきと私は思います。

将来、このオリンピックがスポーツ全体にとって、転換点になるのか、ただの通過点になるのかはわかりませんが、私にとって得難い経験ができました。

私にとっても、転換点になるのか、ただの通過点になるのかはわかりませんが、あと20年くらいしたらそういえば…的な感じで思い返されることになるのではないかな、と思っています。










Read More
      edit

2021年3月27日土曜日

Published 22:54 by with 0 comment

セーリングカヤック練習会

 2020年〜2021年の冬シーズンで、セーリングカヤックの練習会をはじめました。

フェザークラフトのK2、K1(オプション)、Heron(オプション)、Wisper XP(オプション)には、マストを取り付けるための「穴」がデッキにつけられています。

フェザークラフトの純正のセーリングキットもあるのですが、よくも悪くもなかなか大掛かりな仕組みのため、購入後数年は気合いを入れて使うものの、だんだん使用頻度が下がって、、、みたいなケースが私を含めて散見されていました。

キットを持っている人も持っていない人も、やってみたい、やり続けたい人はいるようなのですがなかなか1人では。。。という感じだったので、練習会をやってみることにしました。

フェザークラフトの純正セーリングキットはあるのですが、これには囚われず、もっと自由な形でやっていけるような物を模索しつつ、フェザークラフトのキットも使用しつつという、要するに危険が少ないところでどんどん乗って、スキルとノウハウを積み上げていこう、という形でやっています。

カヤックでのセーリングは、カヤックツーリングでは厄介者の風をなんとか利用してやろうと、昔からKlepper社のものがあったり、日本でもバタフライカヤックスが作っていたり、ウィンドパドルPacific Action Sailsなど、いろいろな製品があります。

(私は、フェザークラフトのキットと、自作マスト、沖縄カヤックセンター X グランストリームのサバニ型セールを使用しています)

本格的に帆走を目指したものから、気軽に使えるようなものまでいろいろありますが、いずれにしろ、ツーリングカヤックにとって「風」というリスクでしかないものを使おうしているところに大きなリスクがあると考えているので、風で一気に進めるぜ、キャホーイ的なノリではなく、一歩一歩慎重にやっていこうと考えています。(私もちょっとキャホーイ度高めだったので、今まで事故を起こさずにこれて本当によかった。。。)

今年の冬シーズンはコロナに悩まされあまり練習会の回数は重ねられませんでしたが、方向性や手応えを感じられるところまではいけました。

さてさて、次の冬に向けて、あたらしい装備を準備し始めるか。。。








Read More
      edit

2020年11月16日月曜日

Published 23:04 by with 0 comment

セーリングカヤックの動画

 セーリングカヤックのシーズンを迎えるにあたって、気分を盛り上げるために前シーズンのセーリング旅の動画をアップしました。

自分で見ててもまた行きたくなるー

今年はどこに行こうかな?(行けるような状況であることを祈るのみ)


 


Read More
      edit

2020年11月7日土曜日

Published 22:31 by with 0 comment

小豆島半周ツアー

10月末の週末、小豆島を漕ぎに行ってきました。

夜行フェリーで神戸から車で渡り、スーパーで買い物などしてオリーブ公園の浜から出発。


 ここから時計回りに北部を目指します。

天候は晴れ。この季節にしては珍しく、南東風が吹いていました。

装備的にはドライスーツと海パン+パドリングジャケットを選べるように持ってきたのですが、水温も高かったので海パンを選択。

夕方は少し冷えましたが、海パンで漕げるシーズン最後の週末くらいな感じでした。

この季節、漕ぐ時の装備は迷います。。。

また、潮は大潮真っ只中で、岬の南端を漕ぎつつ四国の方に目を向けると、潮目がはっきり出ているのが見えました。

湾の中ほどを漕いでいても、後ろからの追い波追い風だけではない、複雑な水面の動きがあるようで、思ったようにペースをあげられないまま初日は終了。

当初計画よりも手前で泊となりました。

で、大潮ということは、満月です。(新月の場合もあるけど。)

夕凪で風がおさまった雲一つない夜空の下、満月を眺めつつの焚き火はなかなかオツなものでした。

焚き火が心地よいくらいの季節に、焚き火で炊いたご飯などを海を眺めながら食べ、焚き火・海・満月を眺めながらお酒を少々嗜むなんて、なかなか良いタイミングでツアーにこれたものです。


夜半からまた風が吹き出し、テントが揺さぶられ続けましたが、ダウンシュラフにくるまって快適に寝られました。

翌朝も快晴なれど風(それなりに)強く、前島の西岸周りを諦め、土渕海峡をショートカットすることにしました。

濡れたサーフショーツとシャツが乾くくらいの風。

丁度満潮時だったので、観光地のエンジェルロードをカヤックから見てから土渕海峡に入ることにしました。


大潮の満潮時に近い時間なので、当然水面下にあります。せっかくなのでカヤックで横断してきました。

風向きの影響で、エンジェルロードの西側と東側で大きく海況が異なります。

そして、土渕海峡へ。



低い橋が連なり、大きな船が入ってくるような気配は全くありませんでした。

海峡として世界一狭いと言われればそうなんですが、漕いでいる分には普通の水路です。。。

島の北側に出ると、島影で風が遮られ、穏やかな瀬戸内の海を楽しめました。



正午過ぎに上陸。


タクシーで車を取りに行き、一風呂浴びて、夕方のフェリーで帰途に着きました。


次は小豆島の西の方からか、小豆島から西の方へ島渡りしながらツーリングをしたいと思います。


Read More
      edit

2020年10月12日月曜日

Published 22:11 by with 0 comment

妻子のカヌー教室参加を見守る

 妻と息子がカヌー教室に参加してきました。

旧知の石田さんが運営している、「Sweet Paddle」さんにお願いしました。

内容はFacebookであらかた語り尽くされているので、下の方にリンク貼ります。
そこで、ここではこぼればなしを少々。

ポイントを押さえて、妻は競技志向ではないので、その辺りも鑑みてレベルを調整して丁寧に教えていただけました。

まずは、陸上でのレクチャーから。。
(聞く気がない受講者が約1名、受講者じゃないのにやる気なのが約1名)



実際にフネに乗り込みます。台風が掠めた後とは思えないくらい水がきれいでした。

その間子守役のワタクシはというと、川に入りたがる娘をなだめつつ、(水遊び大好き。ちょびっと手足を浸けさせてお茶を濁した)娘の興味の赴くまま河原を右往左往し、ベビーカーに乗せようとするも全力で拒否され、カヌー漕いだ日よりもよっぽど疲れたのでありました。






Read More
      edit
Published 21:44 by with 0 comment

若狭日帰りツーリング

 暑さも緩んだ秋の日、若狭湾に日帰りツーリングに行きました。

秋晴れ!を期待していたのですが、残念ながらギリギリ曇天。時折霧雨が降る渋い感じの天気になりました。

天気予報をチェックしても、見るタイミングによって、よくなっていくような予報だったり、悪くなっていくような予報だったり。

少しずつ明るくなってきたので、準備を済ませて出艇。




数キロ漕いで、目的の浜へ。

予定ではゆっくり釣りして、焚き火して、焚き火でご飯炊いて、釣った魚を刺身と潮汁にして。。。
と思っていたのですが、どうやら午後は風が強くなるらしい。

釣りチームは岩場に向かうも、焚き火チームはいざとなったらすぐに出られた方が良いので、焚き火は諦め、タープの下でひたすら世間話。

これはこれでのんびりできて良いものです。


3時間ほど粘るも、釣りチームの本日の釣果はボーズ。

たまに食いついても小さなフグばかりで、刺身と潮汁といった感じでもなさそう。

時折雨を伴った雲が目の前を通り過ぎていく中を、撤収準備して浜を出発。

なんとか雨に降られず帰ってこられました。



撤収の最後の最後で夕立に降られましたが、まあ、ギリギリセーフで本日の日程終了。

釣った魚で刺身が食べられなかったので、小浜の寿司屋さん「鮨富」で反省会(と称した豪遊)。

カヌーしてから寿司なんて、今までなかったパターンなのでこれはこれで新鮮、というか満足感があります。(それなりにお金もかかるけど)





イマイチな思い出は全部忘れて、良い思い出だけが残る1日になりました。


Read More
      edit